ウラジロ科』


*コシダ(八丈島





ウラジロ八丈島



                   
ヤブレガサウラボシ科』


*スジヒトツバ(八丈島






*スジヒトツバ(屋久島)
屋久島では先端部が二つに裂けるタイプも見られた。



カニクサ科』


*イリオモテシャミセンヅル 栄養葉 (筑波実験植物園)





カニクサ 栄養葉。              胞子葉。(八丈島




『デンジソウ科』


*デンジソウ(島外) RDB/VU





『サンショウモ科』


*サンショウモ RDB/VU         *オオサンショウモ
(撮影は八丈島ですが、両方とも自生ではなく、持ち込まれたものが逃げ出したか、他の植物に付着して持ち込まれたものと思われます。)





『キジノオシダ科』

*キジノオシダ(八丈島






*ヒメキジノオ(屋久島)






タカサゴキジノオ(八丈島)         中央が胞子葉。






*ヤクシマキジノオ(屋久島)






*オオキジノオ(八丈島






コスギダニキジノオ(屋久島)







*オオキジノオ、キジノオシダ、タカサゴキジノオ矮小化(屋久島)







*ヤマソテツ(東北)






*シマヤマソテツ(屋久島)






*アイキジノオ (キジノオシダ×タカサゴキジノオ) 八丈島
キジノオシダとの比較(左がキジノオシダ右がアイキジノオ)






*アイキジノオの表裏。(中軸の両面が平たい。)八丈島






フタツキジノオ(オオキジノオ×キジノオシダ)筑波実験植物園







ハガクレキジノオ (オオキジノオ×タカサゴキジノオ) 八丈島





『タカワラビ科』



*タカワラビ 小石川植物園





『ヘゴ科』


*ヘゴ(八丈島





*ヒカゲヘゴ(植栽)八丈島





*マルハチ(植栽)八丈島





*マルハチ 全体の様子。






*クサマルハチ(屋久島)







*チャボヘゴ(屋久島)





『ホングウシダ科』



トラノオホングウシダ(屋久島)
向かって左側はチャセンシダ科のウスバクジャク。色が似ているがトラノオホングウシダは大岩の側面に着生し斜上していたので、見つけられた。





*エダウチホングウシダ(八丈島







*サンカクホングウシダ (屋久島)






*マルバホングウシダ (屋久島)






*シンエダウチホングウシダ(八丈島






*ウチワホングウシダ(屋久島)






*シノブホングウシダ(屋久島)







*ヒメホングウシダ(屋久島)






*ホングウシダ(八丈島





*ホングウシダ矮小化(屋久島)





*サイゴクホングウシダ(八丈島






*コケホングウシダ(屋久島)






*ホラシノブ(八丈島






*ハマホラシノブ(八丈島







*ヒメホラシノブ(屋久島)





*アイホラシノブ ホラシノブ×ハマホラシノブ推定雑種(屋久島)






*ヤエヤマホラシノブ(屋久島)





*アイヒメホラシノブ(屋久島)





*アイノコホラシノブ(屋久島)




『コバノイシカグマ科』

コバノイシカグマ属


*イヌシダ (八丈では稀。)






*オウレンシダ(島外)






*コバノイシカグマ(八丈島







*ウスゲコバノイシカグマ(屋久島)





フモトシダ属

*フモトシダ(八丈島






*ケブカフモトシダ(八丈島







*ウスゲフモトシダ(屋久島)







*イシカグマ(八丈島







*ウスバイシカグマ RDB/NT(島外)







*フモトカグマ(島外)






*オドリコカグマ(八丈島






*コウシュンシダ(屋久島)







*ホソバコウシュンシダ(屋久島)







クジャクフモトシダ(島外)






*ウスゲクジャクフモトシダ(島外)葉と中軸の表面に毛が生えてない。







*アイイシカグマ イシカグマ×ウスバイシカグマ(屋久島)





オオフジシダ属


*フジシダ(秩父市







*オオフジシダ(秩父市






*アイフジシダ(秩父市) フジシダ×オオフジシダ(推定雑種)





イワヒメワラビ属

*イワヒメワラビ(八丈島








*セイタカイワヒメワラビ(屋久島)






*ユノミネシダ(八丈島






*ワラビ(八丈島