『イワヤシダ科』


*イワヤシダ(東北)





『ヒメシダ科』


*アラゲヒメワラビ(八丈島






*ヒメワラビ(八丈島) *羽軸に翼は無い。






*ヒメワラビ(八丈島)             *羽軸に狭い翼がある。






*ミドリヒメワラビ(島外)







*アイヒメワラビ(島外)(ヒメワラビ×ミドリヒメワラビ)






*ミヤマワラビ(東北)







ゲジゲジシダ(八丈島






*コゲジゲジシダ(八丈島






*オオゲジゲジシダ(島外)






*ハイミミガタシダ (小石川植物園






*ヒメシダ(島外) 






*タイワンハリガネワラビ(屋久島)






*ヤワラシダ(八丈島






*ツクシヤワラシダ(八丈島







*シマヤワラシダ(屋久島)







*ホソバショリマ(筑波実験植物園)






*ハシゴシダ(八丈島






*コハシゴシダ(八丈島






*ヒメハシゴシダ (屋久島)







*ヤクシマヒメハシゴシダ仮称(屋久島)
(ヒメハシゴシダよりも小型。ボトルの蓋の直径は3センチ。)







*オオハシゴシダ (屋久島)






*メニッコウシダ(奥多摩、御岳)






*ハリガネワラビ(八丈島






*アオハリガネワラビ(島外)






*イワハリガネワラビ(武州日野

*イワハリガネワラビ(屋久島)






*タイワンハシゴシダ(屋久島)






*オオバショリマ(東北)






*ヤクシマショリマ(屋久島)
オオバショリマの矮小変種。





*?.....(屋久島)
この個体は、ヤクシマショリマより3〜4倍の大きさで、元のシダはホソバショリマかオオバショリマと思われる。





*アミシダ (屋久島)






*ミゾシダ(八丈島







*アラゲミゾシダ(八丈島






*ヒメミゾシダ (屋久島)





*展開中                  *展開した葉

*新しい葉、ソーラスはこれから       *古い(昨年)の葉
*テツホシダ(屋久島)






*栄養葉と胞子葉。


*裏の様子。
*コウモリシダ(屋久島)





*オオコウモリシダ






*ヒトツバコウモリシダ?(屋久島)






*イブキシダ(島外)






*イブキシダの大型タイプ(屋久島)






*ホシダ(八丈島






*ケホシダ(八丈島






*イヌホシダ(屋久島)






*イヌケホシダ(島外)






アイハリガネワラビ(ハリガネワラビ×イワハリガネワラビ)推定雑種
奥多摩






*ヒメコハシゴシダ            *ヒメハシゴシダ(参考用)
*ヒメコハシゴシダ(ヒメハシゴシダ×コハシゴシダの推定雑種。)屋久






*アイノコハシゴシダ(コハシゴシダ×ハシゴシダ)屋久






*アイイヌケホシダ ホシダ×イヌケホシダ推定雑種(屋久島)







*アイノコホシダ ホシダ×ケホシダ推定雑種(八丈島





『イワデンダ科』



*イワデンダ(島外)





*イヌイワデンダ




f:id:hiro1216:20191107220609j:plain
f:id:hiro1216:20191107220627j:plain
*コガネシダ 青野原





*トガクシデンダ 雲取山





*フクロシダ(島外)




『ヌリワラビ科』


*ヌリワラビ(島外)




『コウヤワラビ科』


*イヌガンソク(島外)





*コウヤワラビ(島外)





クサソテツ(島外)




『シシガシラ科』



自生種 まだ小さい株で、林道に近い場所で撮影。
(自生の大株は限られた場所で、林内の奥に行かないと会えないと思われる。)


フルーツガーデン(植物園) 園内で撮影。
*ヒリュウシダ(屋久島)






*シシガシラ






*ナミバシシガシラ(屋久島)






*スエヒロシシガシラ(屋久島)






*ヒメシシガシラ(屋久島)







*オサシダ(屋久島)






*ハチジョウカグマ(春に幼葉が淡紅色を帯びる)






コモチシダ (島外) ハチジョウカグマより小型






*イズコモチシダ(ハイコモチシダ×コモチシダ)筑波実験植物園
静岡県熊本県に分布。






*ホソバオオカグマ (屋久島)






*オオカグマ  (屋久島)







*アイオオカグマ(オオカグマ×コモチシダ)推定雑種(屋久島)






*ブラジルシシガシラ (小石川植物園